お知らせ


第32回 技術研修会

「塑性変形と加工における潤滑技術とその実例」

日 時:
2020年 2月 25日(火) 12:45~17:00

会場:
同志社大学 大阪サテライトキャンパス
〒530-0001 大阪市北区梅田1-12-17
電話(090)9280-0383 (関西支部事務局)

交通:
JR大阪駅から徒歩3分

主催:
日本塑性加工学会関西支部

協賛:
日本機械学会,日本鉄鋼協会,日本金属学会,日本材料学会,軽金属学会,
精密工学会,型技術協会,日本金属プレス工業協会,日本鍛圧機械工業会

趣旨:
金属製品のものづくりに欠かせない圧延,鍛造,板加工といった塑性加工技術の進歩には最新の潤滑技術が大きく貢献しています.潤滑技術の基礎を知るとともに,最近の潤滑剤や潤滑コーティングの開発事例,及び,実際の製造現場での活用事例の話題提供をします.話題提供後には,講師への技術相談,名刺交換の時間を設け,講師を含めた参加者の交流の場とします.

プログラム:

開会の挨拶(12:45~12:50)

日本塑性加工学会 関西支部長 馬渕 守 君

1. 塑性加工における摩擦法則(12:50~13:40)

岐阜大学 教授 王 志剛 君

2.熱間圧延へのエアーアトマイズ潤滑(MQL)の適用検討(13:40~14:10)

日本製鉄(株) 井上 剛 君

3.熱間鍛造における,白色系潤滑剤による黒鉛代替の検討(14:20~14:50)

(株)MORESCO 浜島 研太郎 君

4.各種評価法によるアルミニウム熱間鍛造用潤滑剤の特性評価(14:50~15:20)

(株)神戸製鋼所 伊藤 義浩 君

5.ハイテン材プレス加工用PVD被膜の開発(15:30~16:00)

日本コーティングセンター(株) 稲垣 真吾 君

6.冷間1.2GPa材自動車準外板部品適用技術の紹介(16:00~16:30)

(株)丸順 今井 裕 君

7.総合討論,個別技術相談/名刺交換会(16:30~17:00)

定員:80名(定員になり次第締切ります)

参加費(資料代を含む):
会員:7,000円(賛助,協賛学会会員は会員扱い)
非会員:12,000円(学生は半額)
申込先:
日本塑性加工学会 関西支部事務局(090-9280-0383)
E-mail: kansosei[at]mail.doshisha.ac.jp
*[at]を@に変更してください

申込締切:
2020年2月20日(木)

※ 参加費は参加証,請求書を受領後に指定の振込先へご送金ください.
※ 申込後1週間経っても受付の連絡がない場合は事務局までお問い合わせください.
※ 昼食は各自でお願いします.講演中の撮影・録音は禁止します

<連絡先>

日本塑性加工学会 関西支部 事務局

〒610-0321 京都府京田辺市多々羅都谷1-3
同志社大学 理工学部 エネルギー機械工学科
TEL:090-9280-0383
FAX:06-7635-5475
E-mail: kansosei[at]mail.doshisha.ac.jp([at]は@にご変更下さい.)

サイトへリンク

関西支部 旧ホームページ(2001年9月~2015年10月)

関西支部若手の会 旧ホームページ(2001年7月~2015年8月)