お知らせ

 <参加者受付中>

◎第152回見学会および塑性加工懇談会

「マツダ Be a driver.の真髄にふれる」

平成28年9月27日(火)12:45~16:30

マツダ(株) 広島本社[〒730-8670 広島県安芸郡府中町新地3番1号]

概 要:はじめに2件の話題提供をいただきます。

マツダ様のブランド戦略に基づいた「魂動」デザインの造形を主導するプレスの金型を初めとした様々な設備を担当する生産準備部門、また世界一の高圧縮比を達成した「スカイアクティブエンジン」の開発を主導するパワートレイン開発部門のそれぞれの第一人者からお話しいただきます。技術論はもちろん苦労話も含めてお話しいただける予定です。そして見学はマツダミュージアムから車両組み立てラインまでを巡るコースとなっております。歴代のマツダ車展示から始まりロータリーエンジンなどの自動車技術、自動車開発のプロセス、自動車生産技術などにふれていただきます。そしてコースの最後には車両組み立てラインに沿った見学ができます。たいへん興味深い講演・見学内容であり、参加者の皆さまに満足いただける見学会になると思います。皆さま振るってのご参加をお待ちしております。

定 員:40名(定員になり次第締切)

参加費:会員5,000円, 非会員7,000円, 学生会員 無料

☆申込締切:平成28年9月6日(火)

会告【第152回見学会および塑性加工懇談会】JSTP関西支部

 

◎関西支部若手の会 第32回先端塑性加工技術コロキウム

「航空機向け大型鍛造技術への期待」

日 時: 平成28年12月16日(金)13:40~17:30

会 場: 日本エアロフォージ(株)
[〒713-8103 岡山県倉敷市玉島乙島字新湊8264-7]
[http://www.japan-aeroforge.com/]

趣 旨: 日本の航空機産業は未だ全世界の数%の規模に過ぎませんが,これからの成長が期待されています。2013年に稼動した世界最大級の5万トン鍛造プレスを見学しながら,航空機分野で必要となる鍛造技術について展望します。

プログラム

  1. 新倉敷駅南口 集合 (13:40)
  2. 移動(バス) (13:40~14:10)
  3. 開会挨拶 (14:15~14:20)

関西支部若手の会リーダー 袴田 昌高 君

  1. 話題提供(講演) (14:20~14:50)

「5万トンプレスを活用した鍛造技術と今後の展望」

日本エアロフォージ㈱ 石外 伸也 君

  1. 会社/工場 概要説明 (14:50~15:30)

休憩                                                             (15:30~15:40)

見学準備                                                     (15:40~15:50)

  1. 工場見学・質疑応答 (15:50~16:50)
  2. 閉会挨拶 (16:50~16:55)
  3. 移動(バス) (17:00~17:25)
  4. 新倉敷駅南口 解散 (17:30)

定 員: 40名(定員になり次第締切り)

参加費:学生会員 無料,正・賛助会員(40歳未満無料40歳以上5,000円), 非会員(40歳未満3,000円,40歳以上8,000円)

※40歳以上の賛助会員は2名以上のご参加申込の場合,
2人目から参加費無料とさせて頂きます。

会告【第32回コロキウム】(関西支部)

<連絡先>

日本塑性加工学会 関西支部 事務局

〒610-0321 京都府京田辺市多々羅都谷1-3
同志社大学 理工学部 エネルギー機械工学科  応用材料工学研究室内
TEL:090-9280-0383
FAX:06-7635-5475
E-mail: kansosei[at]mail.doshisha.ac.jp([at]は@にご変更下さい.)

サイトへリンク

関西支部 旧ホームページ(2001年9月~2015年10月)

関西支部若手の会 旧ホームページ(2001年7月~2015年8月)